大東工業株式会社 採用情報

ENTRY GO! 大東工業株式会社エントリーフォーム
大東工業株式会社 コーポレートサイト

夢を試作する人

部品事業部

01 部品事業部 部品事業部 | 夢を試作する人

設計から鋳造まで。一つの部品に責任を持つことで感じ始めた、ものづくりの喜び。

兼松 大貴 さん
2013年入社/部品事業部 部品鋳造1課 設計鋳造係

試作部品の型を設計しています。担当しているパーツは新しいバルブボディーの一部。比較的簡単な部分ですが、一人で一から設計するため責任は重大。緊張感を持って作業しています。仕事の中心は設計ですが、工場で鋳造の中子作りも行います。自分が設計に携わった型に砂入れするときなど、ついワクワクしますね。現場作業をすると、どういう点で苦労するのか体で分かり、設計段階で解消できないかと思案するきっかけになります。仕事の楽しさは、やはり新しいものに携わっているという感覚。自分たちがコンピュータの中に作った型が、現実的なものになって現れると、不思議な喜びがあります。

兼松 大貴さん 2013年入社/部品事業部 部品鋳造1課 設計鋳造係

Questions and Answers

Q 職場の雰囲気は?先輩はやさしい?厳しい?

とてもアットホームな職場で働きやすいです。先輩たちは皆とてもやさしくて、分からないことも丁寧に教えてくれます。とはいえ、温かい環境に甘えず、早く一人前になれるよう努力しています。たとえば先輩の指示を素直に聞いて実践し、その上で、時には自分の考えも試してみること。そうして少しずつ自分にできる仕事が増えていくことが楽しいです。目標は4年後にバルブボディーを一人で作れるようになること。先輩の高い技術レベルに少しでも近づけるよう、今はひたすら背中を追っています。

Q 同僚など仕事仲間とはどんな関係性?

職場ではチームワークがとれています。また、社員寮に入っているので、寮仲間とバーベキューで盛り上がったり!他県出身者も多く、毎日楽しいですよ。大切な仕事仲間であり共同生活者です。

Q 入社してよかったことは?

好きなクルマに携われること。それから一年目から会社の戦力として期待されること。大企業に比べて早くから個性を活かしやすいと思います。

未来を設計する人

金型事業部

02 金型事業部 金型事業部 | 未来を設計する人

めざすは一人前の設計士。新しい知識を吸収し、技術を蓄積しながら日々前進。

相川 恭舗 さん
2013年入社/金型事業部 金型工務課 金型技術係

部品を作るための金型を設計しています。設計といってもいろいろあり、自分の担当は型の形状をつくること。3次元設計ソフトを駆使して構造をイメージにして現します。みんなで分業して一つの設計を完成させるため、広範囲のパーツに携わることになりますが、実際に形になったモデルや完成した金型を見ると、やりがいを感じます。今は先輩が自分の仕事をしっかりチェックしてくださるので、たとえ間違いがあっても正せますが、独り立ちしたらそうはいきません。設計は正確さがなにより大切。教わったことはメモにとるようにして、一日一歩でも確実に前進できるよう励んでいます。

相川 恭舗さん 2013年入社/金型事業部 金型工務課 金型技術係

Questions and Answers

Q 入社1年目を過ごしてみて、どう感じていますか?

非常に充実しています。講習にも参加させてもらい、会社が個人のスキルアップを応援してくれるところは特に満足しています。現在受講しているのは「CATIA」という設計ソフト。専門的なので自力で修得するとしたら大変ですが、講習で集中的に教えてもらえるので助かります。内容は難しいですが、できることが広がると思うとやる気もでますね。また、職場で感じたのは、設計から現場(工場)まで距離が近いこと。物理的に近いので意思疎通もスムーズで、うまく連携できます。

Q 就職先に大東工業を選んだ理由は?

大学で学んだCADの知識を活かしたかったので。また、大学での鋳込みの実習で、型の形を作るということに興味を持ったのも、この会社につながりました。

Q 思い入れのある初仕事は?

まだ図面を描いていない時期にチェック工程を任せてもらった最初の仕事で、型の実物が工場にあるのを見た時は衝撃でした。これがあの時の!という感じで、設計の仕事の醍醐味に触れた気がしました。

信頼を量産する人

号口事業部

03 号口事業部 号口事業部 | 信頼を量産する人

自分が一番理解している。その自信こそ、良い製品を生み出す技術。

大川 雄一郎 さん
2007年入社/号口事業部 号口課 号口係

鋳造された製品を、加工・組み付けするライン作業を担当しています。扱っているのは複合加工機という特殊な専用機。作業が機械化とはいえ、実際はひと息つく間もありません。完成品を受け取りながら品質保証に伴うさまざまな判断を行う必要があるからです。量産は、100%の製品をいかに仕上げるかがすべて。一つとして製品不良を出すことなくどれだけ早く作れるか、1分1秒が勝負です。自分に課せられた役割の重要性を意識し、担当ラインを誰よりも理解し、迅速な判断を下す。自分たちが自信を持って生み出した製品しかお渡ししない、という精神で日々取り組んでいます。

大川 雄一郎さん 2007年入社/号口事業部 号口課 号口係

Questions and Answers

Q 大東工業のよさはどんなところ?

絶大なチームワーク。特に号口課で言えば、他社に負けない強い絆があります。たとえどこかのラインでトラブルが起こっても、それをカバーできる技術的、精神的な連携があるため、品質不良は出しません。(ゼロ記録更新中!)また、ここでは一人一ラインが原則。それぞれに知恵と経験を蓄えて専門性を極めていくので各々がスペシャリストになれます。まるで職人です。自分の仕事に責任を持ちとことんこだわれるのは大東の誇れる社風です。

Q 仕事の楽しさや、やりがいはどんなところ?

自分の意見を持ち、提案できること。トラブルの対処法、品質や作業効率を上げるアイデアなど、新しい発想を生み出し自分で変えていける可能性がモチベーションにつながります。

Q 入社当時はどうだった?

3カ月の教育期間に体で仕事を覚えました。あとは経験を積むのみ。同じ作業を繰り返す中で自分のものにしていけるかが成長のカギです。

活躍のフィールド

部署一覧

採用部署は「部品」「金型」「号口」が中心です。他にもさまざまな部門があり、適材適所に配属されます。

部品事業部

アルミニウム製品の先行開発試作を作る部門。設計からの一貫体制で、高精度な品質を提案。
また、ハイスペックな検査機を各種導入し、外部製品の検査業務も代行。創業初期から45年以上展開する大東工業の中心事業。

金型事業部

ソリッドデータを活用した試作金型を製作。一部の製品は、作った型を使ってプレスやレーザー加工まで実施可能。 また、フロアカーペット金型に治具部品を組み込んだ独自技術を開発。装置込み金型として納入。

号口事業部

試作を終えた部品の本生産を行う部門。大東工業では主に自動車エンジン周りのアルミニウム部品の完成品を生産。 鋳造・加工のみならず、部品と部品の組み付け作業までを行うノウハウを持ち、小ロットや多品種にも対応。

生産技術部

工場の生産設備の保全・メンテナンス業務を推進。環境に配慮した技術の研究開発も実施。

営業部

自動車メーカー、部品メーカーなどへ、大東工業の技術を営業・提案する部門。

生産企画部

労務管理や社会保険等の総務業務、決算や各種支払い等の経理業務を実施し職場の環境づくりを行う部門。

中国工場

天津にある生産工場。主にフロアカーペット金型の生産を実施。従業員数22名。
Copyright (C)2014 Daito Industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.