DAITO 大東工業株式会社

試作、量産、材料調査から品質保証まで一環体制

技術のご相談もお気軽にTEL0565-76-2123
HOME 〉 会社案内 〉 沿革

沿革

1967年 9月(昭和42年)大東工業株式会社設立。自動車部品及び高圧配管継手製造開始
1969年11月(昭和44年)大豊工業株式会社と取引開始。自動車部品加工及びアルミ製品仕上げ開始
1971年 3月(昭和46年)研掃機導入によるアルミ仕上げの自動化を図る
1977年12月(昭和52年)アルミ自動車部品及び試作部品の一貫生産
1980年 4月(昭和55年)縦型マシニングセンター・NC旋盤導入
1981年 4月(昭和56年)自動車試作用金型工場設立
1984年 4月(昭和59年)試作用金型設計・木型・石膏・鋳造・機械加工一貫生産体制の確立
1986年 8月(昭和61年)西加茂郡藤岡町に藤岡第2工場を設立
1987年12月(昭和62年)藤岡第3工場設立。試作金型・アルミニウム試作品工場の集約化を図る
1990年 2月(平成2年)藤岡第4工場設立。アルミ砂型自動化ラインの導入
4月(平成2年)CAD/CAM(ケーラム)設備導入
1992年 4月(平成4年)ダイカストマシン導入
8月(平成4年)砂再生機導入
1994年 8月(平成6年)大型マシニングセンター導入
11月(平成6年)取締役会長に渡邉信朗就任。取締役社長に高橋克坦就任
1997年 5月(平成9年)藤岡第5工場設立
9月(平成9年)創立30周年
2000年 5月(平成12年)アルミ傾動鋳造機の導入
2001年 3月(平成13年)大型高速加工機の導入
4月(平成13年)大豊工業株式会社資本参加。資本金4,525万円に増資
8月(平成13年)コールドボックス造型ラインの導入
2002年 9月(平成14年)環境マネジメントシステムISO14001の認証取得
2003年 9月(平成15年)緑ヶ丘第1工場を藤岡第2工場に集約
10月(平成15年)中国天津に大東(天津)汽車部件有限公司設立
2004年 1月(平成16年)X線装置の導入
3月(平成16年)CTスキャナー装置の導入
2005年 2月(平成17年)品質マネジメントシステムISO9001の認証取得
8月(平成17年)天津工場大型五面加工機の導入
2008年 3月(平成20年)非接触三次元測定機導入
2011年 9月(平成23年)アルミ傾動鋳造機増設
2012年11月(平成24年)取締役社長に渡邊寿也就任
2013年 3月(平成25年)レーザー溶接機導入
4月(平成25年)5軸門型マシニングセンター導入
Copyright (C)2014 Daito Industry Co.,Ltd. All Rights Reserved.